読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その オレンジの日々を…

変わっていくから大切なもの…、変わらないから大切なもの…、そんなことを綴っていくブログです。

第1回さいはてオフ使用構築「寝るなるな♪寝るなるな♪抑えきれないこの想い~(台パン)♫」

f:id:OrehaHirasho:20150513131711g:plainf:id:OrehaHirasho:20150513134312g:plain

f:id:OrehaHirasho:20150513134330g:plainf:id:OrehaHirasho:20150513134425g:plain

f:id:OrehaHirasho:20150513134455g:plainf:id:OrehaHirasho:20150513134536g:plain

 

こんにちは。初めましての方は初めまして。いっちーと申します。

今回使用した構築は鼻眼鏡さんが主催された「さいはてオフ」というオフで使用した構築です。

本当は予選突破して滝沢さんのまとめブログに載せてもらうことを目標にしてオフに望んだのですが(笑)、結果は5-5の予選落ち。

しかし、今回はさいはてオフに参加した人のブログをまとめさせてもらえるらしいので、いい機会なので構築を書くことにしました。

なぜ、いまさらこんな記事を投稿したかというと、リアルでいろいろあったのもありますが、構築記事を書くのが初めてだったり、終盤のレートの追い込みをしたり、SHIROBAKOの一挙放送を見たり、下でリンクしている糞長いオフレポを書いていたりなどいろいろ理由があったからですwww。

当日では予選落ちと残念な結果になりましたが、自信のある構築です。初めての記事で至らない至らない点多々あると思いますが、アドバイスいただけると嬉しいです。

また、題名は眠るピクシーを使用していることと、オフ会名物である(笑)台パンを発生しやすしやすそうなパーティということで名づけました(僕の対戦相手の中で台パンしている人がいたわけではありません。)。元ネタは知らない人がいないと思うので割愛(暴論)

 

[構築経緯]

構築の初めはズバリ「ピクシーを使いたい!!」です。

今まではスタン構築ばっかで変わったパーティを使いたいと思いました。

まずは前シーズン結果を出した中で、ピクシーを使った構築のかげつさんの構築の丸パクリから始めた。

【ORAS,S8最終レート2256、最終順位5位】オニゴーリは添えるだけ【シングル】 - かげつとポケモン(かげつさん)

途中で起点作り始動要因がボルトロスだけだと地面タイプ、電気タイプを非常に呼ぶので、壁ジャローダと合わせて2体起点にしていた時もあった。

起点役以外でもパーティを調整するときも様々な個体を使用し、主に下に記載されているブログを参考にした。

【ΩRαS】 シーズン8(序盤~中盤)使用構築 害悪積みサイクル - とあるポケモントレーナーのブログ(エイスケさん)

ボルトゴーリ - おもしろきこともなきよをおもしろく(ルドルフさん)

真皇杯ラストチャレンジ使用構築(ラストチャレンジ本選敗退) 害悪サイクルカット詰みサイクル:クオリティは人質 - ブロマガ(しぃさん)

ところてん式 【ORASシングル】真皇杯本戦使用構築 壁ピクシー展開(ところてんさん)

しかし、壁ジャローダとピクシーを使用しているうちにあることに気づく。

「あれ、これ壁ピクシーでよくね!?」ということに。

壁ピクシーの強さは真皇杯でところてんさんが準優勝という形で証明してくれたとおりである。

しかし、ジャロピクシーだとゲンガーに非常に弱く、純粋な壁貼り能力で勝るクレッフィ+ピクシーを構築の大きな軸とし、それを全力で補完するという流れで構築を考えていった。

これから先は以下の個別解説で紹介していこうと思う。

 

 

 

[個別解説]

f:id:OrehaHirasho:20150513131711g:plain

ピクシー@カゴの実 図太い ※天然

202[252]-x-137[252]-115-110-81[4]

アシストパワー/小さくなる/瞑想/眠る

 

今回の構築の軸。さいはてオフが発表された時はガルーラを軸にした対面構築。やライコウランドなどを始めとしたサイクルパーティが増えているように感じたのでピクシーが刺さっているように感じたのが構築のスタート。今回はピクシーが使いたかったので、様々なブログを参考にし、オニゴーリ、印パルシェンなどたくさんの所謂害悪ポケモンを試してみたのだが、最終的に壁ピクシーに落ち着いた。壁ピクシーの選出軸が圧倒的強さを持っているように感じたので、クレッフィ+ピクシーをいかにして補完していくかという考えで残りを考えていった。技構成に関しては小さくなる、瞑想までは確定で、遂行速度を考えてのアシストパワー、状態異常に強くなるための眠るを採用。あくタイプに有効打がないのだが、環境にあくタイプが減っているように感じたのでこの技構成にした。

 

 

f:id:OrehaHirasho:20150513134237g:plain f:id:OrehaHirasho:20150513134312g:plain

ゲンガー@ゲンガナイト 臆病 ※浮遊→影踏み

メガ前:167[252]-x-80-150-96[4]-178[252]

メガ後:167[252]-x-100-190-116[4]-200[252]

シャドーボール/鬼火/挑発/道連れ

 

サイクルで相手の辛いポケモンを強引に処理していく汎用性の高すぎるごまかしポケモン。非常に選出率の高かったポケモンなのだが、リザードン軸でいくときもメガ2体選出とか普通にするのでわりかしよくする裏選出でメガ2体選出をするという欠陥がある(まあ、これがオフでは悲劇となったのだが・・・)。相手の展開の邪魔をする挑発と、苦手ポケモンを相手する道連れまでは確定で後は腐りにくい鬼火、打つ相手の多いシャドーボールにした。

 

 

 

f:id:OrehaHirasho:20150513134330g:plain

クレッフィ@光の粘土 図太い ※悪戯心

164[252]-x-157[252]-94-108[4]-95

イカサマ/リフレクター/光の壁/電磁波

 

言うまでもない壁始動要因。このパーティに至るまでに本当は始動要因は2匹で回していて壁はりは地面タイプも起点にできるジャローダを使っていたのだが、ゲンガーにも安定して仕事でき、純粋な壁貼り性能で勝るこいつを採用。出せるパーティには積極的にこいつとピクシーを出していき。壁ターンを残すために両壁を貼る間にイカサマや電磁波を入れたり、壁ピクシーが突破された時もう1体のポケモンで起点にするために壁を貼り直すなど思考停止で両壁貼るだけではなく後の展開も考えることが大事である。

 

 

f:id:OrehaHirasho:20150513134425g:plain

ボルトロス@命の珠 ※悪戯心

155[8]-x-90-176[244]-101[4]-179[252](U*UVVV)

10万ボルト/目覚めるパワー(氷)/気合玉/悪巧み

 

壁ピクシーで重い吠えるスイクン+ピクシーで重いポケモン(ゲンガーなど)を見る枠。あと申し訳程度の受けループ対策でもある。この枠はところてんさんのをパクっただけなので、これが正しいかはよくわからない。霊獣ボルトロスト違いゲンガー、ガブリアスの上をとれるので化身にした。パーティ的にいばみがボルトと勘違いしてくれることも期待しての採用となった。壁クレッフィ+こいつで全抜きを狙うということもできなくはないが、受け出し性能がないのと命の珠のせいで場もちが悪いというのが何難点。クレッフィ、ピクシー、ボルトロスと選出し、役割対象の吠えるスイクン+α(ピクシー対策ポケモン)がいた時、こいつがいなくなると負けが確定するので、場もちが悪いというのは辛いところではあった。しかい、しっかり詰めた時の抜き性能は十分なものがあった。もう少し考察が必要な枠である。

 

 

f:id:OrehaHirasho:20150513134455g:plain

ガブリアス@拘りスカーフ ※鮫肌

183-200[252]-116[4]-77-105-154[252]

逆鱗/地震/ストーンエッジ/炎の牙

 

ピクシーの補完枠。主にピクシーの苦手なアタッカーを上から縛る役。ゲンガー、メガルカリオ、つのドリルドリュウズ、挑発ボルトロスなど数えるときりがないぐらいピクシーの苦手ヤツに役割がもてる超優秀な補完役。この振り方だと

・逆鱗で135-101メガゲンガーを確定1発

ストーンエッジで184-132化身ボルトロスをオボン込みで高乱数2発

となるので、ピクシーの補完という意味でこの振り方がベストであると思う。炎の牙の枠は正直打ったことがないので、他に良い技があるかもしれない。

 

 

f:id:OrehaHirasho:20150513134520g:plainf:id:OrehaHirasho:20150513134536g:plain

リザードン@リザードナイトX ※猛火→硬い爪

メガ前:185[252]-129[108]-99[4]-x-106[4]-138[140]

メガ後:185[252]-180[108]-132[4]-x-106[4]-138[140]

フレアドライブ/ドラゴンクロー/竜の舞/羽休め

 

この構築の最後に決まった枠で、ピクシーが選出できない時の裏エース。調整はHぶっぱで、Sは1舞で最速135属抜き。この振り方にすると、ガブリアスをドラクロで1確にできる。ピクシーの補完として非常に優秀と感じたポケモン。ピクシーを止めてくる多くのポケモンを起点にできるので、ピクシーで相手の選出を縛り、このポケモンで決めると言ったパターンも非常に多かった。調整技構成は参考にしたるどるふさんの丸パクリ。羽休めによりのお陰で積む範囲が広くなり、非常に使いやすかった。2ウエポンはピクシーに強い奴の相手をするには十分であり、技範囲が気になることはほぼなかった(せいぜいヒードランぐらい)。ピクシーに強いやつには、羽休めにより壁がなくても積める状況が多く、クレッフィを必ずしも選出しなくてもいいというのも強かった。

 

 

[基本選出]

基本選出は主に、

クレッフィ+ピクシー+@1

リザードンボルトロス+@1

であることが殆ど。

ピクシーが突破できないあくタイプ(出てきそうなやつ)や一撃必殺技持ちがいるポケモンなどピクシーで相手するのが無理なポケモンがいる場合以外は上の基本選出で行く。

壁ピクシーは確かに優秀だが、オフでは対策しているパーティが多かった印象。しかし、ピクシーの強力な選出縛り能力により、相手の選出が非常に読みやすいので、残り4体をそういったポケモンを起点に出来るような構築も面白いかもしれない(最後に入ったリザードンはその典型例)

 

 

[終わりに]

初めての構築紹介記事はどうでしたでしょうか?自分的には見ている人がわかりやすく書いたつもりなのですが、何か変なところがあれば意見いただきたいです。僕のTwitterアカウントにリプ送ってもらえると嬉しいですいっちーのアカウント(@OrehaHirasho)。

当日は午前4-0で折り返し、「これ行けるんじゃね!?」と思っていたのだが、5-5の悔しい結果に終わってしまった。次回はしっかり結果を残した構築記事を載せていきたい。

また、オフ当日はいろいろ紹介したいことがあったので、オフレポを書いてみました!!!ぶっちゃけめちゃめちゃ頑張って書いたので、オフレポ好きな方、オフ会に興味のある方はぜひ見ていただきたい。僕はある人のオフレポに影響されオフ会に参加したところあるので、書いて見ました。

試合内容もそっちにまとめたのでぜひ見てください!!!

 

orehahirasho.hatenablog.com