その オレンジの日々を…

変わっていくから大切なもの…、変わらないから大切なもの…、そんなことを綴っていくブログです。

【BCS, virgin cup使用構築】選出操作カバリザガッサ

あまり時間が無いので簡単にパーティ紹介

 

BCS 予選5-1 1位抜け 決勝T1落ち

virgin  cup 予選6-2抜け 決勝T1落ち

 

f:id:OrehaHirasho:20170205124712g:plainf:id:OrehaHirasho:20170507203233g:plain

f:id:OrehaHirasho:20160527185701g:plain

f:id:OrehaHirasho:20170507203838g:plainf:id:OrehaHirasho:20150730025214g:plain

BCS→f:id:OrehaHirasho:20150513134312g:plain

virgin cup→f:id:OrehaHirasho:20170507205445g:plain

 

 

S2結果を出していたカバリザテテフからスタート。

下のリンクの構築を参考にしたのでそちらも合わせてご覧いただきたい。

ch.nicovideo.jp

当然であるが相手のステルスロック、特にステロガブからの展開に後手に回りやすい。

ガブリアスもそうだがカバルドン・霊獣ランドロスにステロを撒いてサイクルする構築が流行りそうだったので何か良い手段はないかと考えていた。

その対策としてステロを撒かせないのではなく、撒かせてもそういったポケモンを起点にすることができ、なおかつ選出段階で強力な圧力をかける事ができるポイヒガッサが浮かんだ。

このポケモンの優秀なところはリザ、テテフの選出誘導力に加えて、更にはキノガッサまで加えると全部を対処できるポケモンは限られていて、相手の選出を簡単に歪めることができ、予想も容易になる所である。

相手の選出を見てもその様子が理解できたし、実際オフで感想戦をしてみても選出画面で相当やりにくいと言われることが多かった。

6世代終盤から相手依存のパーティが良くない風潮があり、私もその通りだと思っていが、今回は選出誘導という悪い言い方をすると相手依存な手段を敢えて強く意識したパーティを使用することで自分の選出・プレイングの助けにしていた。

そのせいで相手の選出と噛み合わないこともあるのはご愛嬌だが、こういった考え方も面白いように感じた。

 

 

f:id:OrehaHirasho:20160516024409p:plain@Y石

173-x-115-211-136-135

大文字/ニトチャ/ソラビ/めざ氷

 

S2に結果を出していた耐久振りリザY。

マンダに関して切り返し力が決して高くないパーティかつ連発したい状況が多かったので、ウエポンにはオバヒではなく大文字を採用。

 

f:id:OrehaHirasho:20170507220317p:plain@スカーフ

145-x-95-182-136-161

サイキネ/ショック/ムンフォ/シャドボ

 

ウルガモスが止めれる手段が乏しいので、準速+1状態の

上を取れる最速での採用。

基本はこのポケモンを通していくことを念頭に置く。

 

f:id:OrehaHirasho:20150515145456p:plain@毒玉

161-151-106-x-81-134

きあパン/岩石/胞子/身代わり

 

このパーティの核のポケモン

現環境でのキノガッサの対策は、コケコ・レヒレ&キノガッサと打ち合えるポケモンと組み合わせのパターンがほとんどだが、前者の場合はカバテテフ、後者の場合はリザードンがそれぞれ通しやすい。

ステロを前提としたサイクルパーティに刺さりやすく、特にカバルドンに対しては基本どの型に対しても後出し可能。

ある意味、現在上位で活躍しているHDグライオンと考え方は似ているかもしれない。

パーティを見ただけでは型が判別がしにくいというのも大きなポイント。

たとえコケコなどがいても、有利対面で身代わりを貼り、きあいパンチで強引に削る手段が取れる場合は出していく。

無論対策が甘いパーティには積極的に嵌め殺しの手段を取りeasy winを拾うことができる。

 

f:id:OrehaHirasho:20150515154742p:plain@ゴツメ

215-132-187-x-93-67

地震/岩石/怠ける/欠伸

 

テテフ、リザが苦手としやすいポケモンに後出ししやすく、電気の一貫も切れる物理受けポケモン

最近様々な技構成のカバルドンが考察されているが、今回はごく一般的なカバルドンの技構成。

最後のウエポンにはキノガッサとの相性も考え岩石封じを採用。

 

f:id:OrehaHirasho:20170205124042p:plain@霊Z

BCS→131-156-100-x-125-148

             じゃれ/シャドクロ/影打ち/剣舞

virgin cup →131-142-100-x-125-162

                      シャドクロ/呪い/身代わり/痛み分け

 

最初はストッパー+崩しの役割を持った普通のZ剣舞型を使っていたが、後述のゲンガーをメタグロスに変えることにより、受けループやギミックパーティが重くなったので、対策として呪いミミッキュに変更した。

キツイ受け回しのパーティにも強力な削り性能で誤魔化すことができ汎用性も高いので、使い勝手は良かった。

 

BCS→

f:id:OrehaHirasho:20151118133946p:plain@石

159-x-100-170-124-200

シャドボ/ヘド爆/守る/滅び

virgin cup →

f:id:OrehaHirasho:20170507224349p:plain@石

167-185-171-112-131-178

アイへ/地震/冷P/雷P

 

最初は害悪・受けル対策で滅ゲンを使っていたが、環境に多かったスカテテフに強く、リザが出しにくい時の強力な選出軸になりうるメガメタグロスに後から変更。

キノガッサとの相性も悪くはないが、リザ軸に不安定になりやすいという課題は最後まで解消できなかった。

パーティ単位で炎タイプに重いように見えるが、リザ以外は処理ルートが用意してあるので困ることは少なかった。

 

 

S3残りはいろいろあるので潜れるかわかりませんが、当たることがあったらその時はよろしくお願いします。

【第2回へべれけオフレポ】茉子ルート7-1のエッチシーンは至高

こんにちは、いっちーです。

 

なんか身内でオフレポが流行ってるので僕も便乗して書きました。

 

簡単にではありますが始めていきます。

 

 

当日はへべれけ行く前に関西に住んでるフォロアーのどらごくんが東京来るという事で、人生7回目となる「ゆずソフトショップ」に向かい、そのまま秋葉をぶらつく。

 

へべれけ行くオタク達と差をつけて"違い"をしらしめてやろうと思いましたが、同じくゆずショップ行っていたり、アキバに待ち合わせをして向かうオタクがいたりと全然差をつけられませんでした。

 

運営陣へのおみやげも買い終わりブラブラしてると、その途中で何故かどらごくんの同じサークル(言っときますけど関西です)のジオットさんと会い、世界の狭さに驚く。

 

 

それからまあ色々あって、へべれけ行く前にぐったりになりつつ新宿でうんたんくんと待ち合わせて会場に向かい無事に到着。

 

その時にフォロアーさんのLyraさんに、大量のシャーリィのキーホルダーを頂き、はつゆきさくらと花咲ワークスプリングのサントラを貸して頂きました(マジでありがとうございます。今度何かお返しさせてください・・・)

 

f:id:OrehaHirasho:20170301003647j:plain

僕はなかなか重度のシャリ豚(※1)なのでとてもうれしい(というか貰いすぎてまじで申し訳ない・・・)。

最近ツイッターで「不知火祈(※3)ちゃんすこw」みたいなことを呟きまくっていて気を使ってもらいサントラまで貸していただいたのは感謝でしかない><

 

※1 「シャーリィ・ウォリック(※2)をこよなく愛する豚」の略称。

※2 ゆずソフト第7作目「天色*アイルノーツ」に登場するヒロインの一人。デザインはテンプレ金髪お嬢様の数値ゴリ押し的な可愛さで性格は素直で加え甘えん坊。いっちーとはとても仲がいい。
※3 サガプラネッツ第19作目「花咲ワークスプリング」に登場するヒロインの一人。デザイン・声・良くてツンデレらしいしこれから魅力を探っていきたい。いっちーとはとても仲がいい。

 

 

それから絶対勝ち上がってほしくないと煽るあわさきさんや、前から挨拶したかったうみうさぎさんや、いつもの身内の運営陣の方々に受付がてら挨拶。

 

 

ちなみにオフはこんなHNで参加してました。

 

======================================================================

f:id:OrehaHirasho:20170228235053p:plain

 =====================================================================

 

自分で言うの本当にアレなんですけど、今まで僕が生涯見てきたオフの申請名+一言コメントで一番酷いです^^;

 

「運営にド身内がいるから今回はふざけるかな~♪」

 

ぐらいの気持ちで書いた気がするんですけど、正直この時の僕の頭の悪さが心配になるレベルです

 

 

受付を済ませた後は、時間になるまで身内と適当にだべってました。

 

ちなみに、このオフに来てた僕の身内は

 

A.申請日に寝落ちしてて対戦枠が埋まる

B.前日に対戦ROMをDSごと大阪に忘れてくる

C.スプラのやり過ぎてパーティを考えておらず、当日「まだ完成してない。@2だな~」とか言いながらその残りの一枠に鉢巻ぺルシアン仕込む

 

 

みたいなヤツばっかで

 

「コイツらポケモンやる気あんのか?」

 

と身内ながら恥ずかしい気持ちでいっぱいになりました。

 

 

ちなみに僕も直前まで育成済んでおらず、有るだろと思ってた飛行Zがなくて取り入ったり(あれストーリーじゃ手に入んないんだね…)、BP足りず無かったメタグロスナイトを隣りに座っていた見学の小泉くんに借りて、ギリアウトで間に合わせました(小泉ありがと好き♥)

 

 

ここで本当に簡単なパーティ紹介

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ゲッコウガ@水Z 臆病bcs

カノン/水手裏剣/冷B/草結び

 

ウルガモス@気合の襷 控えめCS

炎の舞/ギガドレ/めざ氷/蝶の舞

 

ガルーラ@石 意地hAbs

空元気/冷P/ドンチ/岩封

 

カバルドン@ゴツメ 腕白HB

地震/ステロ/吹き飛ばし/欠伸

 

カイリュー@飛行Z 陽気AS

逆鱗/空を飛ぶ/地震/竜の舞

 

メタグロス@石 陽気hAS

コメP/地震/冷P/雷P

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

とあるフォロアーさんに感化されてふと使ってみたくなったカノンZゲッコウガをぶち込んだ構築。

 

あの名前で参加してるので、もちろんゲッコウガに"ひたちまこ(※4)"ってつけて

 

「本当は潮吹きならベストだったんですけど、無いので同じく水タイプ最大威力のハイドロカノンゲッコウガで代用しました(てへ)」

 

というネタ仕込んで記事書くつもりでした()

 

※4 ゆずソフト第9作目「千恋*万花」に登場するヒロインの一人。こんな注釈では語るのに足りない歴代で最も尊いヒロイン。いっちーの彼女。

 

 

普通に強いんですが、時に構築が強いだけでは勝てない理不尽があるのがポケモンです(運負けを匂わせることにより、非常に惜しい戦いであったことをクールに示唆)。

 

とはいえ、決勝にカビパラさんとたかきおすくんが残ってたので

 

こういう強い人達残ると言い訳できねぇ……」

 

とか思ってました(厳しい条件の中しっかり勝ち残っている強者の健闘を称えることにより、運だけに責任を押し付けず自身の実力不足があったこともクールに認めていく)。

 

まあ、試運転とかで結構勝てていい動きしてたし、構築の軸は強いと思ってるので興味ある方はどうぞ。

 

 

ブロック予選の試合を消化すると、いつものメンツと話したりフレ戦したり普通に楽しく過ごすことに。

 

 

その時僕の身内は

 

「なんであそこだけ合コンブロックみたいになってんだよ~」

 

みたいなこと言ってるやつが多かったですが、周りがオタクばっかで女性陣が固まるのはそりゃ当たり前ですし、そういう集団に男性陣一部が優しく話しているというのにそんなこと言う必要はないんじゃないかなぁと思いました(露骨な良い人アピール)。

 

 

でも、オフが終わった後にとある女性に話しかけられてる九条カレンぽけやとあつ女性にゴディバのチョコもらってた滝沢さんは死んだほうがいいと思いました(キ゚皿゚)凸 Fuck!!

 

 

こうして第二回へべれけオフは無事に(?)終わりました。

難しいオフだとは思いますが運営陣の尽力と人柄あってか楽しい時間を過ごすことができました。

今度は見学で参加してみたいですね~

 

 

さて、僕にとって九条カレンぽけの終電がない=オール2次会なので、その後はやくみさん、カレンぽけ、ネロくん、小泉、しきっこ、滝沢さん、うんたんくん、むぎくんといった所謂イツメンに近いような面々に加え、今回主催のこんのさん、それと名前こそよく知ってたものの同席するのは初めてな鼻眼鏡さんと一緒に二次会をしました。

 

この時の会話内容は非常に黒い話題が多く、情弱オタクの僕は

「へー、みんな大変なんだなー」

とか思いながら話聞いてた。

 

とは言え楽しく過ごしつつツイッターで右みたいな沼のような空リプをする

 

 

f:id:OrehaHirasho:20170228233953p:plainf:id:OrehaHirasho:20170228234003p:plain

こういう沼みたいな空リプに反応してくれるちちゃまきくんが大好きです!

 

 

みたいな事考えてたらうんたんさんが「ちちゃとしぃが来る」みたいな事言ってて「マジかww」ってなってました。

 

 

そんなこんなで10分後ぐらいにちちゃまきくんとしぃくんが来て合流。

 

前から話したくてラッキーって思ったので、そこからはテーブルから溢れた感じになったちちゃまきくんとしぃくんにうんたんくんと僕でテーブル囲んで飲み再開。

 

あちらはあちらで大きな声で言えないような黒い話で盛り上がってましたが、こちらのテーブルは違う意味で言えないような話題で盛り上がってたので内容は割愛ww

 

 

こんな感じで5時まで楽しく盛り上がりつつ、二次会も無事に終了。

 

 

[おわりに]

という感じで、書きたいことまだある気がしますが今回はこれぐらいで(書けなかったエピソードある人ごめんなさい・・・)

 

とても雑ではありますが今回はこれで締めさせていただきたいと思います。

 

久しぶりに書くオフレポ楽しかったです。。

 

最後にオフ本番・2次会で対戦してくれたり、お話してくださった方々。

そしてなにより今回運営・企画でへべれけオフ成功のために尽力してくださったこんのさん、やくみさんやスタッフの方々、

 

本当にありがとうございました。

【JPNOPEN使用構築】SM版ガルクレセ~天使の羽とクリスタル(Game Size)~【ベスト16】

みなさんこんにちは、いっちーです。

 

f:id:OrehaHirasho:20170212222703p:plain

 

本構築は先日行われたJAPANOPENで使用

予選6-3 2位抜け

決勝トーナメント1落ち

のベスト16でした。

 

2週間後のオフやこれからのレートでも使用予定があるので公開しようか迷いましたが、改善点があり、オフのパーティを公開したことあまりなかったのでせっかくなので公開することにしました。

ここからまだ変えていくつもりではありますが、パーティのコンセプトには自信があるので読んでいただけるとうれしいです。

 

=========================================

 

[構築経緯]

S2になって過去作が解禁され、対面・サイクル・展開問わず様々なパーティを見るようになった。

Z技や積み技を駆使して強力な崩し手段を得たポケモンが増えたことに加え、電磁波などの弱体化により6世代のようなクレセリアカバルドンで止めて切り返す手段が殆ど通用せず、かといって展開のスピードを相手と競っていては安定性を欠くように感じた。

そこで、展開されたときにトリックルームを使用し、相手のエースに依存せずに対面性の高いポケモンで切り返すことができるようにし、それに加えて様々なパーティに対応できる構築を目指した。

ORASの最終シーズンの混沌環境を勝ち抜き、なおかつトリックルームと相性がいいアタッカーを採用しているじるぽけさんのパーティを構築のスタートとし、それをベースに調整を行った。(無断なので言われたら消します)

jillpoke.blog.fc2.com

 

 

[パーティ概要]

f:id:OrehaHirasho:20170205124042p:plain@妖Z 159-156-104-x-125-116

H228A252B28 じゃれ付く/シャドクロ/トリル/呪い

f:id:OrehaHirasho:20150815010814p:plain@拘り鉢巻 175-201-117-x-121-125

H68A228B12D4S196 逆鱗/馬鹿力/地震/神速

f:id:OrehaHirasho:20150515154843p:plain@ゴツゴツメット 227-x-189-95-151-105

H252B252D4 ムンフォ/トリル/月の光/三日月の舞

f:id:OrehaHirasho:20150719231816p:plain@ガルーラナイト 181-147-100-x-100-156

H4A252S252 捨て身タックル/猫騙し/冷凍パンチ/地震

f:id:OrehaHirasho:20150514151359p:plain@拘り眼鏡 175-x-114-188-126-125

H116B228C124D4S36 オバヒ/虫さざ/炎舞/サイキネ

f:id:OrehaHirasho:20150515145452p:plain@格闘Z 10万ボルト/気合玉/めざパ氷/悪巧み

H140B16C100S252(非理想) 172-x-92-178-100-168

 

 

 

[個別紹介]

f:id:OrehaHirasho:20150706190231g:plain

ガルーラ@ガルーラナイト 陽気 ※肝っ玉→親子愛

181[4]-147[252]-100-x-100-156[252]

捨て身タックル/猫騙し/冷凍パンチ/地震

 

6世代からやってる人は見飽きたであろう、一番対応力が高い技構成のASガルーラ。

弱体化を受けて前世代ほどの突破力はなくなったが、それでも十分なスペックを持ったポケモン

S1では相手の展開を防ぐための岩石封じや行動保証をつける耐久振りが主流であったが、後ろで紹介する強力な切り返し要因を選出に組み込みやすいかつ、上から縛る強力なZ技持ち(主に電Zカプ・コケコ)の減少ためこの技構成・努力値振りにすることができた。

環境にクレセリアカバルドンがそこまで多くないのも追い風。

冷凍パンチによりガブリアスに対する対抗手段を持ちつつ最速にできたのも大きいと感じている。

猫騙しは後述ポケモントリックルームのターン調整や呪いとの相性もよかった。

文句なしの選出率No1ポケモン

 

 

f:id:OrehaHirasho:20170205124712g:plain

ミミッキュ@フェアリーZ 意地っ張り ※化けの皮

159[228]-156[252]-104[28]-x-125-116

じゃれ付く/シャドークロー/トリックルーム/呪い

 

調整

H-B:A207メガギャラドスの+1滝登り最高乱数切り耐え

 

調整は下ページの個体を参照にした。

ブログ書いたら単位もらえますか? SMシーズン1使用構築

相手の展開対策として殆どのエースに対して行動保証を持ち、トリックルーム+Zじゃれつくによる強力な切り返しができるミミッキュを選択。

技構成はコンセプトのトリックルームと一致技2つに加え、こういったスタンで薄くなりがちなバトン戦術や害悪戦術の対抗手段となり、強力な削り&退場技となる呪い。

ガルクレセに加えこのミミッキュを選択することにより、相手のエースで抜いていくような構築には選出画面から勝ちが見えていることが殆どで、easy win出来ることが多かった。

 

 

f:id:OrehaHirasho:20170205124745g:plain

クレセリア@ゴツゴツメット 図太い ※浮遊

[252]227-x-189[252]-95-151[4]-105

ムーンフォース/トリックルーム/月の光/三日月の舞

 

この構築の軸となるポケモン

前述したとおり普通の物理受けで状態異常をばらまく方では動きにくいと考え、切り返し能力に優れたトリックルーム+三日月の舞型で採用。

物理受けとしての信用度は落ちても、そこはクレセリア。起点になりそうでもクッションからのトリックルーム(+三日月の舞)で仕事を最低限こなすことができる。

今の環境では意外に思われる方もいるかもしれないが殆どの試合で選出し、ガルクレセ@1で試合を組み立てていた。

エース構築にはこのクレセリアミミッキュ、サイクル構築には霊獣ボルトロスが刺さっていることが殆どなので、相手の戦術に合わせて自分のポケモンをもう一回展開することができ、なんやかんやで高スペックなこのポケモンを殆どの試合で前向きな理由で選出できたのはパーティ全体の安定感につながっていた。

ウエポンには重くなりがちなゲッコウガ、メガギャラドスへの打点としてムーンフォースを選択。

月の光は通常の物理受けとしての役割を果たすだけではなく、トリックルームのターン調整としても重宝した。

 

 

f:id:OrehaHirasho:20150915093536g:plain

ウルガモス@拘り眼鏡 控えめ ※虫の知らせ

175[116]-x-114[228]-188[124]-126[4]-125[36]

オーバーヒート/虫のさざめき/炎の舞/サイコキネシス

 

調整

A182ガブリアスの「がんせきふうじ」が乱数1発(6.3%)
159-124メガゲンガーを「サイコキネシス」で乱数1発(87.5%)
183-105ガブリアスを「むしのしらせ」+「むしのさざめき」で確定1発

 

調整は参考元のじるぽけさんの調整をそのまま流用。

最近では準必須である炎枠であり、かつガルーラで止まり安いポケモンに対する強力な崩し要因として採用。

今回はトリックルームや三日月の舞と相性がいいため、拘り眼鏡をもたせた。

調整はガルーラやガブリアスへの居座りという選択肢を残し、突破の可能性も秘めた物理耐久に大きく割いたもの。

リザードンによる切り返しが怖いが、技の通りがよく環境での動きやすさは感じた。

技は眼鏡と相性のいいオーバーヒートともう一つの一致技である虫のさざめきは確定で、その他は特殊耐久ポケモンの後出しも許しにくくする炎の舞を採用した。

最後の技は一貫性が取り安く、バシャーモ突破の可能性を残すためにサイコキネシスとした。

 

 

f:id:OrehaHirasho:20160218113512g:plain

カイリュー@拘り鉢巻 意地っ張り ※マルチスケイル

175[68]-201[228]-117[12]-x-121[4]-125[196]

逆鱗/馬鹿力/地震/神速

 

調整は上のウルガモス同様参考元のじるぽけさんの調整をそのまま流用。

環境に増えつつあった炎ポケモンに見せ合い段階から強く、高い対面性能を持つので採用。

技は使用頻度の高い逆鱗・神速は確定とし、鋼タイプなど幅広いポケモンに打点が持てる地震、ガルーラへの奇襲や重くなりがちなサイクルパーティへの崩しの切り札となる馬鹿力を採用。

このポケモンはドラゴンタイプの通りがよいパーティへの制圧力は高いが、強力なフェアリータイプポケモンが多い現環境ではその場面がなく、選出率はとても低い。

ガルクレセミミッキュ、ガルクレセレボルトで対処が困りやすいウルガモスへの圧力となるが、選出の窮屈さを感じたので変えるとしたらまずこの枠からだろう。

 

 

f:id:OrehaHirasho:20160119045619g:plain

霊獣ボルトロス@格闘Z 臆病 ※蓄電

172[140]-x-92[16]-178[100]-100-168[252] (非理想)

10万ボルト/気合玉/目覚めるパワー氷/悪巧み

 

調整

H-B:A200ガブリアスの逆鱗 85.4%~101.1%(6.3%)
           A200キノガッサのテクニ岩石封じ 86%~102.3%(18.8%)

S:最速

C:残り

 

他の5体では受け回し&サイクルに対する対抗策に欠けていると感じたので、パーティ全体で通りがちな電気・地面の一貫を切り、サイクルパーティに対して最高クラスの崩し性能をもつ悪巧み霊獣ボルトロスを選択。

技構成は最も多くのサイクルに対応できる技を選択し、持ち物は重くなりがちなポリゴン2を素早く崩すことができる格闘Z。

昔から「気合玉を当てる霊獣ボルトロスは強い」と言われていたことからもわかるように、威力を上げるだけではなく気合玉一番のネックである命中率問題をクリアする格闘Zとは大変相性がよく、穏やかに技選択をすることができた。

オフではサイクルパを相手にすることが多く、勝利に直接結びつくことが多かったので圧倒的MVP。

Sはガルーラ、リザードンの上を確実に取るために最速。

調整はCSぶっぱである必要性を感じなかたので、ガブリアス相手に一回居座る事ができる可能性を上げるために6世代にあった172ボルトロスの調整をそのまま流用した。

 

 

 

[基本選出&課題]

基本選出はガルクレセ@1

個別解説でもあったが、9割方これ。

大まかにに言うなら、展開構築にはガルクレセミミッキュ、サイクル構築にはガルクレセレボルトを選出することが多かった。

 

これからは課題など

クレセリアに毒々を採用してないので、単純にカバルドンクレセリアのような高耐久ポケモンの崩し手段が足りないように感じた。

特にゴツメステロカバルドンは無理です。

6世代ではカイリューが強引な崩し手段となることもあったが今は通用しにくいので、さっきも言ったがここから変えるべきかなぁと言う感じ。

 

とはいえ状況に応じてトリックルーム、三日月の舞を使い分けることにより基本的に様々なパーティに対応することができた。

 

また、Z技に変換されることを考慮するなら、ウルガモスのオーバーヒートを除いた全ての技を100%で固めることができたことも安定感につながっていた。

 

 

 

[おまけ]

f:id:OrehaHirasho:20170212222427j:plain

f:id:OrehaHirasho:20170118075826j:plain

トレーナーカードの画像でも使用しているが、ミミッキュのNNは神ゲーであるサノバウィッチの「因幡めぐる」ちゃんからとった(理由はプレイしている人しかピンとこないだろうから割愛)。

 

因幡めぐるちゃんは可愛いだけでなく、本ルートで恋人同士になってから主人公に甘えてくる姿の愛らしさがたまらないのはさておき、構築名はこのキャラのEDテーマである「天使の羽とクリスタル」から

www.youtube.com

この曲が本ヒロインの主人公に対する純粋な好きという気持ちを、ポップな曲調にのせて歌い上げた素晴らしい曲であることもさておき、

 

天使(ミミッキュ)の羽(カイリューorウルガモス)とクリスタル(Zクリスタルorクレセリア)

 

みたいにミミッキュさえ採用していればなんとでもこじつけることができ、収まりもいいので気に入っている。

 

また、構築名に(Game Size)と書いたのは構築に改善点がある状態であるから。

 

これから構築の完成度を上げ、"~天使の羽とクリスタル(Full ver)~"と自信を持って言えるようにしたいですね。

 

~Fin~

【S1使用構築】SM版対面構築~天使の羽とクリスタル~【最高R2085】

f:id:OrehaHirasho:20170118074251p:plain

 

このコラの意味を感じてくれる人が何人いるだろうか……。

みなさんこんにちは、いっちーです。

 

結果が出ず、構築も納得の行くものとは程遠く公開が恥ずかしいので、記事を書くかどうか悩んでいたのですが、よく考えれば前回もっと恥ずかしい記事を上げていたことに気づき、そして今後の自分のためにもなると考え書くに至りました。

 

最高レートは2085、最終レートは構築は違いますが18〇〇です。

 

今回反省するべき点が多すぎて(構築だけではなく)、構築記事なのに否定表現が多いかもしれないが許していただきたいです。

反面教師として、たまにはこういう記事もいいのではないでしょうか?

 

そして、サンムーンからレーティングバトルを初めた新規の方がもし見ているとしたら、構築そのものはもちろんのこと記事の書き方なども真似しないことをオススメします。

 

それでは簡単にではありますが、紹介させていただきます。

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

両刀ガルーラの強さに注目し、対面で場を荒らして襷ミミッキュやガブリアスで締めることをコンセプトとしパーティを組みました。

 

現環境ではガルーラ・ガブリアス・ゲンガー・パルシェン・テッカグヤ・カプ・コケコ4カプ・テテフ・ミミッキュから5~6体を選んで組み合わせたパーティが上位に多いと聞いていたのでそれ相手に互角以上に立ち回れるパーティを目指していた・・・つもりでしたが時間が足りませんでした。

 

 

 

 [パーティ詳細]

f:id:OrehaHirasho:20150717215528p:plain

ガルーラ@ガルーラナイト やんちゃ ※肝っ玉→親子愛

メガ前:203[180]-133[44]-101[4]-  91[244]  -90-115[36]

メガ後:203[180]-166[44]-121[4]-111[244]-108-125[36]

捨て身タックル/大文字/冷凍ビーム/不意打ち

 

ガブ・マンダに役割を果たせる冷凍ビームは確定。

残りはハッサム+テッカグヤに勝手を許さない炎技と、最大打点の捨て身タックルとそれらと合わせて幅広いポケモンを縛れる不意打ちとした。

テッカグヤに有利対面を取られると圧倒的不利を作られる状態が多かったので、引かずに打ち合える炎技は使い勝手が良かった・・・が、相手の持ち物を一番よくいる食べ残しを想定しても命中不安定の大文字を最低3発は当てないといけなければならず、決してテッカグヤ対面で圧倒的に優位になるわけではなかった。

パーティ全体でテッカグヤを恐ろしく誘い、削りの多くをこのポケモンの大文字が担当することが殆どで、命中不安定技を連発する機会を多く使ってしまいがちな構築になったのは大きな欠陥その一。

あくまでもテッカグヤだけの対策で入れたわけではないが、素直に電気ポケモンと合わせて選出に組み込めるようにするべきだった。

さらにこのガルーラは特殊防御力に下降補正をかけているので相手のコケコのZ10万で落ちてしまう。選出画面でコケコが見えたら後述のガブリアスの選出が準強要(ガブリアスというポケモンはコケコに絶対有利であるポケモンではないにも関わらず)されるのも大きな欠点。

強調しておくが両刀ガルーラが弱いというわけでは決してない。

 

 

f:id:OrehaHirasho:20150717215607p:plain

ガブリアス@拘りスカーフ 陽気(意地っ張りの時もあり) ※鮫肌

183-182[252]-116[4]-x-95-169[252]

逆鱗/地震/毒突き/炎の牙

 

スカーフガブリアスが環境に増えている+サイコフィールド下で+2パルシェンの上を取れるために陽気で採用。

技は今シーズンにおいてテンプレとも言える技構成なので言うまでもない。

選出段階で電気の一貫を切る必要があり、ガルーラにも有利を取りやすいのでこれ以外適切なポケモンが思い浮かばなかった。

スカーフ以外のカプ・コケコを上から叩けるので、本構築で唯一カプ・コケコに対しフィニッシュをイメージしやすいポケモン

 

 

f:id:OrehaHirasho:20170118063354p:plain

ミミッキュ@気合の襷 意地っ張り ※化けの革

じゃれつく/シャドークロー/影打ち/剣の舞

 

化けの皮という強力な特性により気合の襷と合わせて2回行動保証がかかり、剣の舞から強力な切り返しを行える。

2000までの圧倒的なMVP。

コンセプト通りガルーラで削ってこのポケモンを通すことが出来る試合は多かった。

しかし、上位になると対策が厚く、雑に動かすだけでは思ったような働きをしてくれなかった。

 

 

f:id:OrehaHirasho:20170118063429p:plain

カプ・レヒレ@カプZ 図太い ※ミストメイカー

ムーンフォース/潮水/自然の怒り/挑発

175[236]-x-165[116]-115-120-125[156]

 

ギャラドスパルシェンへのストッパーとなり、カプZ技による強力な削りができるため採用。

こちらも2000までは本来の役割だけではなく、受け出しを許さないカプZ技により多くのサイクルを崩してきた。

しかし、上位にいけば行くほど刺さりが悪く(というより選出圧力がかけられることが多く)、なにより後ろのテッカグヤと同様にカプ・コケコと対面したとき後ろのガブめがけたマジカルシャインなどやりたい放題されることがあり、安定性を欠く原因となった気がする。

 

 

f:id:OrehaHirasho:20150718104246p:plain

ゲンガー@ゲンガナイト 臆病 ※呪われボディ→影踏み

メガ前:159[188]-x-  80-150-104[68]-178[252]

メガ後:159[188]-x-100-190-124[68]-200[252]

シャドーボール/守る/滅びの歌/道連れ

 

シーズン1の初期~中盤に多かったテンプレ滅びゲンガー。

第7世代に移るに連れて大幅な弱体化を受けたが、それでも非常に強力なポケモンであった。

他のメンツだけではレートに多いポリゴン2にあまりにも弱いので仕方なく採用した型ではある。

上位に行くに連れて鬼火のほうが絶対強いと感じた。

相手のパーティにオニゴーリがいた時だけガッツポーズをした。それだけ

 

 

f:id:OrehaHirasho:20170118063459p:plain

テッカグヤ@フィラのみ 意地っ張り ※ビーストブースト

ヘビーボンバー/ニトロチャージ/宿り木の種/身代わり

172-154[156]-137[100]-x-121-113[252]

 

使ってみたかったニトチャカグヤ。

流行りのポケモンへ先発で出しやすいと感じ、受けに大きく割いたテッカグヤとはまた違った強さを感じた。

持ち物はパルに崩されにくいための半分回復実。

しかし、特殊攻撃に対する受け出し性能は低く、後出しするとゴリ押しされることが多かった。

そして、このポケモンとカプ・コケコと(以下略)

 

 

[後書き]

今回反省点が多くあり、良かったと思うのはこの構築の構築名だけという非常に悔いの残るシーズンだった。

上位パーティに対して意識して作ったつもりであったが、記事を見てもらえるとわかるように迷走途中といった感じで、自分の環境に対する思考の通った記事をかくことができなかった。

 

今期反省すべき点はいろいろあるが、一番反省しなければいけないところは終盤まで環境の最前線で潜らず、机上論のパーティの一発勝負を挑んでしまったことです。

 

終盤にならないとエンジンがかからないのは今に始まったことではないが、野球選手に憧れている子供がテレビや球場に行って外から見てるだけではプロになれないのと同様に、しっかりと中盤から環境の中心となるレート帯でプレイし構築を組む大切さを改めて認識しました(仮にも上位を目指しているのに終了6日前に1500ロムしかないのはあかん・・・)。

来期からこんなことがないように、しっかり序盤・中盤から潜り環境に身を起き構築を組もうと思います。

 

非常にネガティブな記事になってしまいましたが、ここまで見てくれた方はありがとうございました。

 

こんな構築記事は二度と書かないようシーズン2からは頑張っていきたいですね。

 

 

 

[おまけ]

 

あまりにも思考が薄い、かつマイナス表現が多い記事なので、花を添えてみた。

 

 

f:id:OrehaHirasho:20170118075607j:plain

 

f:id:OrehaHirasho:20170118075642j:plain

 

f:id:OrehaHirasho:20170118075935j:plain

 

【千恋*万花感想】茉子の輝きが…私を狂わせる…!

みなさん、楽しい年末を過ごされているでしょうか?いっちーです。

今年は皆さんにとってどんな1年でしたでしょうか?

僕的に色々あった2016年ですが、やっぱりこれを振り返らずに終われないでしょう!!

 

f:id:OrehaHirasho:20161231204518j:plain

 

ということで今回はゆずソフト9作目である「千恋*万花」についての記事を書いていこうと思います。

ものすっごい今更ですねwww

僕の場合は様々なエロゲをプレイしている人たちに比べて、別ゲームを比較したような評価ができませんし(そもそもエロゲの全体的な基準を把握していない)、そもそもの問題としてこの作品は思い入れが強すぎるが故補正が入り、まともな評価が出せないことが容易にわかります(普段の僕の様子を見ている方には納得していただけると思います)。

よって、このブログでは、他の感想記事と比べて”いっちーにしか書けない”、”読んでいたら書いている人の顔が見える”ということを意識して書きました。

そのため、ゲーム内容の感想を書いていくというよりは、「こんなことあったなぁ…」と振り返る的な意味で、自分が経験したこともバンバン書いていきます。

そういうこともあり、感想記事と言うよりは”オフレポ”などのほうが感覚的に近いかもしれません。

 

まだ2作品しかエロゲをプレイしていない僕ですが、生意気にも皆さんに今ゲームを手にとってプレイしていただきたいという思いがあります。

したがって、ストーリーの本筋には極力触れないで、未プレイの方にも楽しんで読んでいただけるように書きました。

ゆずソフトと言う会社、千恋*万花というソフトの素晴らしさを伝えたい!!そして「エロゲに興味あるけど敷居が…」と考えている人が手にとって楽しんでもらえることを強く望んでいます。

 

始める前に2つだけ注意点。

1. ストーリーの根幹に関わるようなことは書くつもりありませんが、それでもネタバレが嫌な人はブラウザバックお願いします。

2. タイトルにもありますが、どうしてもとあるヒロインのエピソードを重点的に書いてしまっています(今回はまじで許して><)。そういうのが苦手な人も気をつけてください。

 

前置きが長くなってしまいましたが始めて行きたいと思います。

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

[制作会社紹介]

f:id:OrehaHirasho:20161231195915j:plain

千恋*万花を制作している「ゆずソフト」という会社は、数ある18禁ゲームの中でも萌えゲー・キャラゲー最大手と言われているらしいです。

”ようです”と書いたのは、僕がこれ以外のエロゲーをやったことがないので、完全に受け売りです。しかし、実際にプレイしてたところ各ルートでキャラの可愛さ・魅力を最大限に引き出せるようなものとなっており、どのキャラも尊く感じる事ができました。

ポケ勢兼エロゲーマーの方々の中にも「とりあえず、ゆずソフトが新しいゲームを出したら買う!」と決めている人は多く、その安心感がわかるような気がします。

ストーリーもエッチも当たり障りのない内容になっているので、「まだ、エッチゲームをプレイしたことがないんだよなぁ・・・」という初心者の方にお勧めします。

個人的にキャラの雰囲気が気に入ったのなら絶対に楽しめる自信を持って言えるので、興味がある方は個別ルートに入ってからの主人公とヒロインイチャイチャ具合に頬を緩めつつプレイして頂きたいです。

 

 

[千恋*万花を購入するまで]

もともと、エロゲには興味を持っていたのですが、なかなかふみきることができませんでした。

某有名実況者の生放送でみた一枚絵の衝撃は今でも鮮明に覚えています。

 

f:id:OrehaHirasho:20161231203534p:plain

 

 

僕「!?!?!?!?(なにこれめっちゃかわいい♡)」

もう理屈ではないんです。

この絵を見て、この子の声を聞いて僕は直感的にこう思いました。

このゲームを僕のエロゲデビューにしよう・・・

 

翌日、エロゲに詳しいフォロアーと通話している時、エロゲ購入のためのアドバイスをもらった時に

「ストーリーには個人差があるけど、キャラがすごいいいと思ったならとりあえず損をすることはない。キャラに関してはゆずソフトなら信頼できる」

という言葉に後押しされ、「千恋*万花」の購入を決意。

さらに翌日にとあるフォロアーの人たちと池袋に飲みに行った後、帰りに

「頼む!エロゲを買いに行きたいから秋葉まで付き合ってくれ」

と頭を下げてお願いしたのがつい最近のことのようです。

f:id:OrehaHirasho:20161231233311j:plain

 

僕は買った当初は上画像のようにウキウキでしたし、はしゃいでいました。

ちなみに、はしゃぎすぎて翌日5万円ぐらい入っている財布を落としました^^;

 

 

 [各ルート感想]

共通ルート

あらすじ

f:id:OrehaHirasho:20161231233646j:plain

 

=================================

温泉街にある穂織(ほおり)の町で岩に突き刺さって引き抜く事ができない神刀 叢雨丸(むらさめまる)を有地将臣が折ってしまい、これを契機に巫女姫と結婚を迫られ、穂織の土地に残る呪いの秘密に纏わる物語が展開する

Wikipediaより~

=================================

 

昔からの呪いで他地域から孤立し気味な温泉街を舞台とし、物の怪を退治しつつその謎に迫っていくというのが作品の大筋。

ひょんなことから主人公が穂織にやってきて、その呪いに関わっていきヒロインたちと関わっていい仲を深めていくというという、まあ掴みは少年漫画みたいなわかりやすいストーリーです。

注目すべきはむりりん・こぶいち先生の描く美麗で可愛らしいキャラクターと、ストーリーを進めていくにつれ死線を潜った主人公に対する心情の変化です。

立ち絵の変化も細かく、ゲームに入り込みやすいのも特徴。

ストーリーの流れも、もともと怠惰な生活を送っていた主人公が頑張るヒロインに触発され、努力をし鍛錬を続け認められていくという王道展開で、単純ながらも熱くなりました。

さて、そんな千恋*万花の共通ストーリーですが、共通だからといって各キャラの魅力がガンガン現れていて目を離している暇はありません。

先程も書いたように、茉子ちゃんに一目惚れしてこのゲームを購入して、ゲームを進めていけばいくほど新しい魅力を発見していくことができました。

f:id:OrehaHirasho:20161231212037p:plain

 

脚が魅力的、エロい、胸がでかい、家事ができる、様々な所で気が回せる、幼い頃から姫様にお仕えするために努力している、お茶目な所があり主人公たちをよくからかってくる、実は恥ずかしがり屋など茉子ちゃんの尊い所を発見しては発狂している共通ルートでした。

あまりにも尊くて、考えたり声を聞いたり絵を見るだけで辛くなる時が多々あったのでなかなか進めることができなかったです。

共通ですが魅力的なシーンはたくさんあり、その中でもお気に入りなのは上の写真でもある鮎デート(まあ、正確にはデートじゃないんですけど・・・)。

f:id:OrehaHirasho:20161231212357p:plain

 

一緒に鮎を食べている時の心の揺さぶり方が、幾千もの男を落としてきたビッチそのもので

僕「えっ、この子本当に処女???」

と思わずにはいられませんでした。

私は処女ビッチが大好きなので、こういった美少女に転がされてる感というのはたまらないものですね。

茉子ちゃんは写真でもわかるように主人公を好きあらばガンガン茶化してきて、一緒にいると楽しそうと思わせてくれる子です。

こういったことは個別ルート以外の所のほうがたくさん見れる気がします。

この子に限ったことではありませんが、お気に入りのキャラは他ルートや共通でもたくさんいい所を発見できるので、色々な角度からヒロインを好きになることがエロゲを全力で楽しめるコツです。

 

余談ではありますが、私が鮎デートらへんをプレイしている翌日(というか当日)に親友の結婚式の司会を任されており、

 

f:id:OrehaHirasho:20161231233828p:plain

 

そんな大役を任されていた直前にこんなことをつぶやいた挙句、深夜3,4時までエロゲに没頭していたのは、人生で一番幸せな時であったであろう友人と比べて対極のことをしていたのではないでしょうか?

ちなみに、この結婚式に浮かう途中、流石に親友の結婚式に向かう時は感傷的になっていて、気分を上げるために茉子ちゃんを題材としたMADを聞きながら会場に向かい、MADの出来にあまりにも感動したため今のbioの元になっているものを作りました。

f:id:OrehaHirasho:20161231233119j:plain

 

僕のこのbioをふざけて作ったと思っている方も多いと思うのですが、これは真面目に感動して泣きながら作ったものなのでそこら辺を勘違いしないようにお願いします。

 まあ、そんなこんなもありつつ共通では努力した主人公やヒロインたちの頑張りにより呪いに関するストーリーが進み、個別ルートへと入っていきます。

共通のストーリー全然紹介してない気がしないでもないですが、大筋書かないで進めていくため大体こんな感じです。

 

各ルートでその呪いの件が終わったり終わらなかったり違ったりするのですが、それはまあ実際にプレイしてのお楽しみということで^^

 

 

これから個別ルートの感想に入ります。

紹介順は自分の攻略した順でムラサメ小春芳乃芦花レナ茉子です。

 

ムラサメルート

f:id:OrehaHirasho:20161116184823p:plainf:id:OrehaHirasho:20161116184856p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161116184900p:plain

=キャラ紹介=======================

建実神社の御神刀に宿る女の子。数百年前までは普通の人間だったが、自ら志願して"管管理者"となった。普段は子供っぽい言動が目立つものの、時として老熟した発言も。朝武家の血を引くものにしか見えず、また触れることは誰にもできるはずだったが・・・。

=================================

 

呪いが解決し後に財政難となっている穂織の町興しをしながら、ムラサメちゃんを人間に戻すお話です。

 

f:id:OrehaHirasho:20161116195223p:plain

 

誰とは言いませんが、僕のフォロアーの一人ががこんなことを言っていたのを見かけたので最初は全く期待していませんでしたが、蓋を空けてみればむちゃくちゃ泣けるルートでした。

「巫女」「田舎」「町興し」という要素を聞くと謎の頭痛がする読者も多々いることと思いますが、このルートはあの某アニメと比べて100倍真面目に町興しに取り組んでいるのでそこら辺にも注目して見ていただきたいです。

 

f:id:OrehaHirasho:20161116204600j:plainf:id:OrehaHirasho:20161116204617j:plain

 

こういった美少女の泣き顔を見て、高笑いをしながら白ワインを嗜むのが僕の趣味なのですが、ヒロインのムラサメちゃんが500年間誰にも言わず抱えてきた後悔を主人公に泣きながら打ち明けるシーンは、ムラサメちゃんと一緒に一緒に涙を流したものでした。

僕はエロゲーはおろかギャルゲーすらやったことなかったので、キャラごとにEDが用意されていることにまず驚きました(初心者アピール)。

ストーリーは終盤に行くにつれて盛り上がり、EDの前後では「ヤバイバイ!」と連呼。

500年◯◯に対しての後悔を抱えながら穂織で時を過ごし、EDの後に本当の◯◯ができるという終わり方は非常に感動的なものでした。

 

 あっ、そうそう。

本ゲームメインヒロインの芳乃ちゃんが、自分の巫女装束姿を外国人観光客にコスプレ

と勘違いされていることを知り、ショックを受けているシーンがあり、そこで茉子ちゃんが

f:id:OrehaHirasho:20161231224416p:plain

茉子「まあ、海外の方の半分くらいはコスプレと思ってるらしいですけどね・・・」

 

「いや、君だけはそれ言っちゃだめでしょ^^;」と心の中でツッコミをいれました。

 

 

小春ルート

f:id:OrehaHirasho:20161231215239p:plainf:id:OrehaHirasho:20161116185115p:plain

=キャラ紹介=======================

将臣の従妹で、幼い頃から妹のような存在だった女の子。基本的に明るく優しい性格だが、実兄の廉太郎に対してだけはいつも手厳しい。幼馴染の芦花が経営する甘味処でアルバイトをしている。

=================================

 

途中まで芦花ルートと同じで、主人公が田心屋でアルバイトをする話です。

まずルートに入るにおいてエロゲー初心者にとって初めて経験する悲しい出来事が一つ。

アレだけ前ルートで愛し合ったムラサメちゃんが別れの時にそっけなかったのが、アタリマエのことといえば当たり前ですが心にキましたね(泣)

正直、共通・ムラサメルートをプレイしたときはあまり好きではなかったのですが(特にムラサメルートでは"ただの糞生意気な妹だなぁ…"ぐらいに思っていた)、やはり個別ルートをやると、一生懸命に奉仕してくれる彼女が愛らしくて仕方ありませんでしたね。

僕はロリコンではないのでこの程度ですみましたが、ロリコンの皆さんは更に楽しめると思います。

 

 

芳乃ルート

f:id:OrehaHirasho:20161231220338p:plainf:id:OrehaHirasho:20161116185236p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161231220440p:plain

=キャラ紹介=======================

建実神社の一人娘。周りからはクールでどこか近寄り難いと思われているが、実際は感情豊かで意外と抜けているところも。生真面目すぎる性格で、巫女姫としての使命を最優先してきたせいで人との付き合い方に疎く、普通の女の子っぽいことに憧れている。

=================================

 

一度消えた祟り神の呪いが復活し、それを解決するお話です。

本作のメインヒロインのルート。

このルートの見どころは、「私は母に嫌われている」というトラウマを祟り神を払うイベントを通してどのように乗り越えていくのか、そしてセックスシーンの喘ぎ声の大きさでしょうかね?

彼女のトラウマを乗り越えるために主人公と奮闘しているシーンや、芳乃が朝武家の秘密を主人公に打ち明けてなくシーンなどは見ごたえがありましたが、そのトラウマは意外とあっさり解決し、その後は日常パートとセックスの交互で少々退屈な印象を受けました。

とはいえ、芳乃ちゃんの尊さやよさみをたくさん感じることができるルートです。

そういえば芳乃ちゃんルートでは千恋*万花が誇る耳年増コンビが主人公との付き合い方に悩んでいる芳乃ちゃんの力になろうと色々なアドバイスをするシーンがあります。

 

f:id:OrehaHirasho:20161117005751p:plain

茉子「恋愛は本気であるほど自分を制御できなくなるものです」

 

f:id:OrehaHirasho:20161117005655p:plain

芦花「緊張しすぎると、デートの段階で色々失敗するでしょうから気楽にすることが一番です」

 

これを見た僕「おいおい、こいつら処女のくせに何言ってんだ??自分のルートになった時覚悟しておけよ^^」

 

※その後思い知らされたのは僕の方であったのは言うまでもありません。

 

芦花ルート

f:id:OrehaHirasho:20161231215519p:plainf:id:OrehaHirasho:20161231215521p:plain

=キャラ紹介=======================

昔よく一緒に遊んでいた年上の幼なじみ。実家の甘味処・田心屋の経営を父親に任され、努力の甲斐あってさらに客足を伸ばしている。恋バナが好きでアドバイスにも乗り気だが、恋愛経験はない。

=================================

 

みんながこぞって「エロい」だの「シコい」だの「ズルい」だの連呼しているポケクラに大人気の芦花姉。所謂サブキャラであるにも関わらず、自分の周りではメインキャラに匹敵する人気を誇る。

芳乃ルートでは、「お姉さんに任せなさい」と耳年増ぶりを発揮するも、いざ自分のルートに入ると、主人公の部屋に呼ばれ、一人取り残された時に過呼吸になったりエッチシーンで主人公のアソコを見た時、「これがばーぼうのお◯ん◯ん?」という反応を見せたりと処女感満載でよさみが深まりました。

エッチシーンでは持ち前の大人の魅力からの本作屈指のシコリティを誇ります。

 

お酒に酔って主人公に思いっきり甘えてくるシーンは僕のお気に入りで、年上に甘えられるのはアドだと思いました。

処女のお姉さんにリードしてもらうのは男の夢です!!

僕は赤ちゃん願望が強いので、エッチでありながらも溢れ出る母性の前に、文字通り童心に帰りながらプレイしていました。

 

 

レナルート

f:id:OrehaHirasho:20161231220543p:plainf:id:OrehaHirasho:20161231215619p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161231220626p:plain

=キャラ紹介=======================

北欧からやってきた留学生。志那都荘の従業員として住み込みで働きながら学院に通っている。性格は明るく素直で、いつも前向き。つまづいてもへこたれずに立ち直る強さを持っている。リヒテナウアー家に代々伝わる"お守り"が将臣たちの大きな助けになることに。

=================================

 

他ヒロインに比べて、共通・他ルートでは出番が少ないですが、実は本作品のグランドフィナーレなるもので、他ルートでは解決しきれなかった祟り神や呪いの謎はこのルートで回収されます(ちなみにタイトル回収もここ)。

シナリオライターの推奨攻略順は、芳乃→茉子→ムラサメ→レナらしいのですが、少なくと僕の周りではこの子を構成に組み込む優先度が低いのかこの順番を守られていることはほとんどない。

本ルートではイチャイチャもしっかり描かれ、キャラの芯の強さも現れていてボリュームもある良ルートなのですが、「なぜこれをメインヒロインの芳乃でやらなかったのか?」と5億回くらい思ってました。

印象に残ったシーンは、呪いの謎がわかり、今まで苦しい思いをしてきた芳乃・茉子が涙を流すシーンですかね?僕もつられて泣いてしまいました。

しかし、このルートの最大の見せ場というか最大のアドポイントは誰がなんと言おうと2回目のエッチシーンの「授◯手◯◯」です。先程も述べたように自分は赤ちゃん願望が強いので、主人公がレナの乳房にしゃぶりつきながら手コキをしてもらうシーンは、自分も赤ちゃんが子宮の中に戻ったような気持ちでクリックを進めていき、気づいたら「おぎゃあ、おぎゃあ」と声を漏らしながらプレイしていました。

ルートもみんながハッピーな終わり方で気持ちよく終えることができましたね。

 

 

 

 [あとがき]

というわけでいかがだったでしょうか?

2016年の下半期は、自分の中でいい意味でも悪い意味でもこのゲーム、この会社が関わっていたなぁ・・・とい7った感じです。

自分の感覚を信じてこのゲームの購入を決意し、本当に良かったと感じています。

エロゲーは自分のち◯こに従って買え」という格言があり、僕も結局は自分のち◯こを信じてこのゲームを購入するに至りました。結果的にその判断は正しくエロゲデビューは大成功(ある意味大失敗)で終えることができたため自分のち◯この”良さ味を感じ取る力”に感謝ですね。

なんとなく、普段のブログやレートの様子からわかるように、やるべきことを後回しにしがちなので、来年からはしっかりゴール・締め切りを設定し、タスクを守れるように精進していきます。

それでは購入日(8/17)からの自分に新しい物や癒やし・感動をたくさん与えてくれた本作品への感謝と、ゆずソフトのゲームがたくさんの人に手にとってもらえることを祈って結びとさせていただきます。

ここまでの閲覧ありがとうございました。

そして、来年からもいっちーをよろしくお願いします。

それではノシ

 

 

 

 

[お詫び]

f:id:OrehaHirasho:20161127123132p:plain

大変申し訳ありません。

今これを書いている時点で(12/31 23:30ぐらい)一番書きたかった茉子ルートの執筆とSpecial thanksが年内の更新に間に合いそうになく、そのまま公開としました。

こんな記事をここまで見ていただたということは、おそらく茉子の感想まで見ていただける気持ちだったのだと思います。

本当に申し訳ありません。

自己満足になるかもしれませんが、千恋*万花(どころか今まで人生で会った2次元キャラ)で最も僕に大きな影響を与えたこの子のルートの感想を書かないまま記事を終えることはありえません。

たとえ新年になっても続きを書いて報告するので、もし楽しみにしてる方がいたらもう少々お待ちください。

綺麗と思ったエロゲのキスシーンランキング

メリークリスマス、いっちーです。

皆さんは楽しいクリスマスをお過ごしでしょうか?

 

f:id:OrehaHirasho:20161226001544j:plain

 

僕はオタクたちと向かい合ってポケモンバトルを楽しんだ後、気分が良くなり帰りに秋葉原で「はつゆきさくら」を購入したり、上の写真を撮っている時にLINEにカップルデートの様子をなぜか英語で高らかに自慢してくる輩がいたので、「Fuck you!」と言いながら手に持っているフォークをそいつの目玉に突き刺したい衝動に駆られたりと楽しいクリスマスの時間を噛み締めています。

 

意外とこういう記事書くの始めてですね。

まだ2作品と1ルートしか終えてない初心者エロゲーマーなのですが、クリスマスらしい記事書きたくなったのでパパッと書いていきます。

 

僕はキスシーン大好きオタクなので、個別ルートでは結構キスシーンに注目してしまいます。

そんなキスシーンで綺麗と思ったランキングを書いていこうと思います。

先に断って起きますが、あくまでもキスシーンの綺麗さだけに注目したランキングですのでゲームやルート全体の評価ではないです。

また、当たり前ですがネタバレを含みますのでこれから下の作品をやろうとしている人はブラウザバックをお願いします。

 

 

エントリー作品:千恋*万花、サノバウィッチ、天色*アイルノーツ

 

それでは早速初めていきたいと思います。

 

 

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

第3位:常陸茉子(千恋*万恋)

f:id:OrehaHirasho:20161226000853p:plain

ご存知ゆずソフト最新作の忍者ヒロイン。僕が二次元キャラで最も可愛いと思っているヒロイン。

小さい頃から朝武家の護衛の使命を持ち、自分の事を「機械」と評するヒロインを全力で否定していく主人公の告白シーンがとても印象的です。

告白のシチュエーションで考えたら圧倒的にトップなのですが、キスシーンの絵が後のイチャイチャキスと同様のものなのでこの順位に落ち着きました。

 

 

第2位:椎葉紬(サノバ・ウィッチ)

f:id:OrehaHirasho:20161226001449j:plain

小柄な体に似合わない豊満な体と包容力を持つヒロイン。通称「紬ママ」。

緊張で言葉に詰まっているヒロインの唇を塞ぎ、夕日と観覧車をバックに「好きだよ」と告白するシーンは鳥肌ものです。

キスシーンのCGは幻想的で美しいものとなっており、1枚絵の綺麗さではこれがずば抜けているように感じました。

 

 

第1位:真咲・ガイアール(天色*アイルノーツ)

f:id:OrehaHirasho:20161226000824p:plain

 大好きな人に先生を続けてもらうために恋の気持ちを捨てようとするヒロインを抱き締め、キスをするというシーン。

この時まで互いのことを好きと認めながらも恋人同士になれず、始めて恋人としてキスをしたシーンでもあります。

シナリオのラストで一番盛り上がるシーンで、BGMの「心をつなげて」も合わさり目頭を熱くさせながらそのシーンに魅了されていました。

ゲーム全体でのシナリオに酷評が目立つ本ゲームですが、キスシーンだけに限って言えばこの真咲ちゃんのルートが他の追随を許さない圧倒的なトップです。そして、間違いなく僕が人生でやってきたエロゲ(大してやってない)の中で一番きれいなキスシーンです

 

 

 

というわけで、簡単ではありますが締めとさせていただきます。

こんな記事をここまで閲覧していただきどうもありがとうございました!!

オタクツイート用こもわたスタンプ~紬~

 前回の茉子ちゃんのに引き続き別バージョンのを。

orehahirasho.hatenablog.com

 

 

今回は"サノバウィッチ"の登場キャラで紬ママこと椎葉紬ちゃん

紬ママのは汎用性高いの多いんでみんなで一緒にこれ使って遊びましょう!!(๑>ω•́ )۶

例のごとくキャプは適当。

 

 

f:id:OrehaHirasho:20161130195608p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195618p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195619p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195626p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195628p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195633p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195637p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195640p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195656p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195659p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195701p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195704p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195705p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195712p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195714p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195716p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195720p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195722p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195724p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195728p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195733p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195736p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195738p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195742p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195746p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195758p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195804p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195807p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195812p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195814p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195818p:plain

f:id:OrehaHirasho:20161130195822p:plain